人気サロンのスタイリスト4人が注目する2022年グレイカラーのトレンド! #Playgray レシピ公開 第一回

Jun 21.2022
SCHOOL

新しいトレンドが生まれ続ける美容の世界。特にグレイカラーは薬剤が進化し、お客様もさまざまな情報に触れて「白髪でも明るいカラーにしたい」「グレイカラーでもファッションカラーのように楽しみたい」といったニーズが聞かれるようになりました。そこで今回は、人気サロンの美容師さん4人が「カラーストーリー プライム」(医薬部外品)を使ったレシピで、2022年におすすめするグレイカラーのデザインを紹介。また、そのカラーに注目する理由やポイントなど、「グレイカラーのトレンド予測」を教えていただきます。

CONTENTS

    ダメージに配慮しながら白髪はしっかりカバー。透明感があり肌なじみの良いカラーとハイライトのデザイン性に注目——GIEN NU茶屋町+山城茂稔さん

    レシピ

    • 【ハイライト】

      「アリミノ ブリーチ 120」(医薬部外品)
      1剤:2剤=1:2(OX6%)

    • 【オンカラー】

      ■新生部|8 OLB
      1剤:2剤=1:1(OX6%)
      ■既染部|V8 A:V8 OL:CL=1:1:1
      1剤:2剤=1:1(OX2.8%)

    すべて「カラーストーリー プライム」(医薬部外品)
    ※比率は組み合わせ比 ※1剤:2剤は混合比

    おすすめカラー|赤みを抑えたカラーとハイライトで透明感を表現! 格好よすぎずナチュラルなデザイン

    オリーブブラウンで赤みを抑え、艶感と透明感を引き出したカラー。表面を中心にハイライトを入れてベースを作ることで、明るく透明感のある色みにしています。ハイライトはハチ上と顔周りを中心に細かく入れるのがポイント。顔周りにハイライトを入れると、肌に接する部分がより明るく透明感のある印象になり、肌なじみが良くなります。

    既染部には微アルカリのベールタイプを使用し、さらにクリアを組み合わせることでダメージを軽減。ハイライトもダメージが強くなりすぎないようにオレンジみを少しだけ残しつつ、オンカラーにアッシュを組み合わせて黄みを抑えています。格好よすぎずナチュラルだけどおしゃれな、透明感あるスタイルにしたい方におすすめのデザインです。

    左:before、右:after。モデルの白髪量は約30%。

    トレンド予測|透明感と肌なじみの良さがポイント。ダメージ配慮も欠かせない

    透明感があり、肌の色をきれいに見せてくれるグレイカラーに注目しています。また、お客様がさまざまなデザインをSNSで目にする機会が増えたことで、ハイライトやバレイヤージュ、インナーカラーなどのデザイン性のあるグレイカラーのニーズも高くなってきています。

    肌をきれいに見せるには、カラーの明度をしっかり出し、くすませすぎないことが大切です。また、グレイカラーのデザイン性を高めるには、明度と白髪の染まり具合の両立が欠かせません。その点「カラーストーリー プライム」は透明感が特徴的。さらに8Lvでも白髪にしっかり色みが入り、黒髪のトーンも上がるので、今後グレイカラーのデザインの幅を広げるツールになると感じています。

    Profile
    GIEN NU茶屋町+ ディレクター 山城茂稔

    山城茂稔Shigetoshi Yamashiro

    GIEN NU茶屋町+ ディレクター

    三重県出身。高津理容美容専門学校卒業。2012年にGIEN(ジアン)入社、現在はGIEN NU茶屋町+(ジアン ヌー チャヤマチ プラス)所属。また、2017年よりGIENグループ全店技術統括ディレクターを務める。大人の艶髪、白髪ハイライト、大人ショートを得意とし、男女問わず幅広い年齢層のお客様に支持され、高いリピート率を誇る。ヘアカタログ雑誌掲載、東京ガールズコレクション参加など、幅広く活躍中。

    Instagram:@gien_yamashiro21

    明るく透明感ある色みがトレンドに! ファッションカラーのように自然な退色で次回の施術の可能性を広げる——graf森下友昭さん

    レシピ

    • 【ハイライト】

      120ブリーチ
      1剤:2剤=1:2(OX2.8%)

    • 【オンカラー】

      ■新生部|8 BE
      1剤:2剤=1:1(OX6%)
      ■既染部|10 BE:10 NG=1:1
      1剤:2剤=1:1(OX2.8%)

    すべて「カラーストーリー プライム」(医薬部外品)
    ※比率は組み合わせ比 ※1剤:2剤は混合比

    おすすめカラー|透明感ある明るいデザイン。濁りの少ない退色で2回目・3回目の施術も自由に!

    ハチ上に細かなチップでハイライトを入れて白髪となじませ、明るい印象に仕上げたデザインです。オンカラーはブルーブラウンベースのハイブリッドタイプを使用し、明度と透明感を表現。ベージュを組み合わせることで少し黄みが加わるので、クールになりすぎず肌なじみの良い色合いになります。透明感をしっかり感じられる色みなので、ワンレングスと合わせるのがおすすめ。毛先をアイロンで外ハネに整え、オイルでスタイリングすると、ワンレングスの面が活きた艶感あるスタイルになりますよ。

    また、ハイブリッドタイプを使うことで退色も嫌な赤みが残ることなく、ファッションカラーのように自然に抜けていきます。そのため次の施術への影響も少なく、1回目でしっかりベースを整えれば、2回目・3回目と明るいままでデザイン性の高いカラーの施術が可能。1回目は面でハイライトを見せ、2回目は少しハイライトをなじませた艶カラー、3回目はバレイヤージュやグラデーションのようなデザインにと先の変化も楽しめます。

    左:before、右:after。モデルの白髪量は約30%。

    トレンド予測|明るく染めても白髪が浮かないカラーがポイントに!

    細かくハイライトを入れることで白髪を生かした、明るく艶感のあるグレイカラーが人気になると見ています。近年はサロンワークでもお客様から「グレイカラーでも明るくしたい」という声をいただくことが増えてきました。そのニーズへ応えていくには、明るく染まり、白髪が浮かない薬剤の選定が重要です。その点、「カラーストーリー プライム」のハイブリッドタイプの8Lvは、白髪が全体の約30%と多めの方でも白髪の浮きを感じさせずに染め上がります。

    また、艶感を出すにはトリートメントやダメージの軽減も重要です。今回のレシピでは毛先に10 BEと10 NGを使いましたが、8 NGや8 BEをCLと組み合わせて10Lv程度までトーンを薄め、よりダメージを抑えるのもおすすめです。

    Profile
    graf 代表取締役 森下友昭

    森下友昭Tomoaki Morishita

    graf 代表取締役

    福井県出身。福井県理容美容専門学校卒業。2002年にgraf(グラフ)へ入社し、2019年代表取締役就任。お客様のライフスタイルに沿うナチュラルテイストなスタイルを常に心掛けている。CHA2020 クリエイティブ部門ノミネート、ディーラー主催のコンテストにて2021年Double 山下浩二 サロンスタイル部門入賞、クリエイティブ部門準グランプリなどコンテスト受賞多数。

    Instagram:@graf_morishita

    グレイカラーだからこそ表現できる透明感に注目! 白髪を天然のブリーチ毛と捉えよう——パロマ ピカソ中里杏さん

    レシピ

    • 【新生部】

      9 AB:8 CB=1:1
      1剤:2剤=1:1(OX6%)

    • 【既染部】

      12 GR LT:10 GR:10 NG=5:1:1
      1剤:2剤=1:2(OX6%)

    すべて「カラーストーリー プライム」(医薬部外品)
    ※比率は組み合わせ比 ※1剤:2剤は混合比

    おすすめカラー|ベースの明るさを生かした透明感カラー! ハイブリッドタイプとグレイライトナーで赤みを抑える

    オレンジみをしっかり抑え、ベースの白髪の多さと明るさを生かした透明感カラー。根元はクールブラウンをベースにアッシュブラウンを組み合わせることで、白髪をしっかりカバーしながらも赤みを抑えて透明感が出るように調整しています。既染部は透明感の強いハイブリッドタイプとライトナーを組み合わせ、明るい色みに仕上げました。前回施術のブラウンみが残っていたため、既染部の薬剤にはブラウンタイプは使用せず、ライトナーはグレイライトナーを使用。よりしっかりとオレンジみと赤みを抑え、柔らかさと透明感を表現しました。

    スタイルはボブヘアやミディアムヘアがおすすめ。白髪の多い加齢毛はどうしても乾燥が気になりやすいので、スタイリングはシンプルにブローとオイルで整える程度にとどめ、カラーの透明感を生かします。ブローは顔周りを後ろに流すようにし、毛先を少し動かすと、明るい印象になりますよ。

    左:before、右:after。新生部はほとんどの髪が白髪。前回のブラウンみが残り、11Lv程度の明るさ。

    トレンド予測|グレイカラーだから出せる透明感がトレンドに! 「白髪=ブリーチなしでも色みが抜けた状態」と捉えよう

    白髪を生かした、グレイカラーだからこそ表現できる「透明感カラー」に注目しています。最近はお客様自身がSNSでさまざまなヘアスタイルを目にすることが増え、「白髪は染めたいけれど、明るいカラーにしてみたい」「柔らかく見せたい」というオーダーをいただくことが多くなりました。そのニーズに対応できる薬剤選定や、ハイライトで白髪をぼかしたデザインづくりがポイントになってくるとみています。

    これまで「白髪=染めるもの」と認識されがちでしたが、濃いブラウンで染めてしまうと艶感は出る一方で色みやトーンが暗くなり、全体的に重い印象になりがちです。白髪は視点を変えて見れば「ブリーチやハイライトを入れなくても、色みが抜けて明るくなった状態」。これからのグレイカラーは今までの「染める」認識を少し変えて、そのベースの色みの薄さや明るさを生かしながら透明感と柔らかさの表現を探ってみましょう。

    Profile
    パロマ ピカソ 店長 中里杏

    中里杏Anzu Nakasato

    パロマ ピカソ 店長

    青森県出身。盛岡ヘアメイク専門学校卒業。2010年株式会社ヒラトヤ入社。お客様のお悩みに寄り添ったスタイル提案を得意とする。カウンセリングを重視し、特にカラーは一人ひとりに合う色みを提案するよう心掛けている。

    Instagram:@palomapicasso.1

    “美髪”のニーズに応えるカラーがトレンドに! 赤みを抑えた透明感と柔らかさが生み出す上質な印象がポイント——Hair & Photo chorule渡邉純さん

    レシピ

    • 【新生部】

      8 GR:5 NG=5:1
      1剤:2剤=1:1(OX6%)

    • 【既染部】

      V8 NG:V8 GR:CL=1:1:1
      1剤:2剤=1:1(OX2.8%)

    すべて「カラーストーリー プライム」(医薬部外品)
    ※比率は組み合わせ比 ※1剤:2剤は混合比

    おすすめカラー|ストレート施術と併せて、ダメージに配慮しながら透明感と柔らかさを表現するカラー

    白髪をしっかり染めながら赤みを抑え、屋外の自然光の下でも赤みを感じにくい印象の透明感カラーです。根元はグレイにナチュラルグレイを組み合わせてしっかりリタッチ。ナチュラルグレイを加えることで寒色に寄りすぎないようにし、色みのブレを軽減。毛先はダメージに配慮し微アルカリタイプのベールタイプを選択、さらにCLを組み合わせました。また、ダメージのある毛先に青みが入りすぎないよう、塗布は中間から毛先へと順番に塗り分けてコントロールしています。

    スタイリングは毛先1/3ほどにヘアミルクをつけて水分を補充し、さらにオイルで全体を保護するのがおすすめです。そうすることでしっとりとした柔らかさと艶感を引き出せます。

    左:before、右:after。どんな白髪量の方でも対応できるレシピです。

    トレンド予測|透明感と柔らかさを表現するカラーがトレンドに。美髪のアプローチと併せてつくる上質な印象が求められるように

    赤みを抑えたグレイカラーで、シンプルだけど透明感と柔らかさが感じられ、上質な印象を与えるデザインが人気になると見ています。昨今の美髪ブームで、白髪のお悩みを抱えているお客様でも「髪のクセを伸ばしてきれいなストレートにし、艶と透明感のある柔らかな印象にしたい」という方が多いです。クセのお悩みには縮毛矯正やストレートパーマ、トリートメントでアプローチし、カラーはしっかり白髪をカバーしながら赤みを抑えて透明感を引き出すことが求められるでしょう。

    また、上質な髪質と柔らかな印象を引き出すには、色みの濁りのなさがポイントです。「カラーストーリー プライム」は白髪も黒髪も暗くなりすぎることなく、赤みが抑えられた染め上がりが魅力。また1回目だけでなく、2回目・3回目と赤みを抑えたアプローチを重ねていくことで、より透明感のある髪に育てていけますよ。

    Profile
    Hair & Photo chorule 店長/トップスタイリスト 渡邉純

    渡邉純Jun Watanabe

    Hair & Photo chorule 店長/トップスタイリスト

    埼玉県出身。東京総合美容専門学校卒業後、2016年Re-Bell(リーベル)入社。2019年よりHair & Photo chorule(ヘア・アンド・フォト シュルール)の店長を務める。艶と色みのきれいな白髪染めやストレートの施術を得意とする。「きれいな髪はきれいな女性像をつくる」をテーマに、シンプルながら上質なヘアスタイルを日々つくり上げている。2021年 年末売り上げ1,062万円、月間最高店販売上103万円を記録するなど、お客様から厚い支持を得ている。

    Instagram:@jun.watanafe

    この記事で紹介した商品
    カラーストーリー プライム

    カラーストーリー プライム

    新しい色も、いつもの色も、思いのままに
    グレイカラーの表現力を高める
    商品情報詳細
    商品情報詳細